夢の舞台へ

先日は中国・海南島で行われたTHE VANS JOEL TUDER DUCTTAPEのコンテストに出場してきました。

サーフィン界のカリスマサーファー、ジョエルチューダー氏によって作られ、世界中の選ばれた選手しか出場ができない特別なコンテスト。

クラシックロングボード界では1番の大きなイベントであり、私が長年出場を夢見てきた夢の舞台でもあります。

8年目を迎えたDUCTTAPEのコンテストですが、今年から女性のクラスが設立され、世界の女性16名の中に初めて日本人女性として参加してきました。

招待状を頂いた時の感動は今でも忘れられません。

コンテストは初戦で敗退しましたが、このDUCTTAPEオリジナルのコンテストルール。

シェアウェーブ(1本の波に選手2人で演技すること。

通常のコンテストでは妨害となる行為)でヒート(1ヒートは4人で行われる)のベストシェアウェーブ賞を頂きました。

初めてのDUCTTAPEコンテストは世界のトップサーファーのオーラに圧倒されてしまいましたが、諦めずに挑戦していれば自分も夢の舞台に立てるという自信をもらうことができ、

短い時間でしたが自分自身の成長を感じることができました。

まだまだ先は長いですがこれからも頑張っていきます!



Comments are closed