パラ・ワールド・セーリング・コミッティー(PWSC)の年次総会に参加して

10月31日から11月6日までアメリカのフロリダ州サラソタでワールド・セーリングのパラ・ワールド・セーリング・コミッティーの年次総会に参加して来ました。

日本からシカゴまで11時間、空港で八時間待ちして更に三時間でやっとサラソタです。アメリカのプロ野球チームがよくキャンプをするタンパの少し南の位置にしている所です。着いたのは同じ日の夜、翌日の朝9時半から18時まで会議だったので、日本との時差で現地の昼過ぎの頃が一番眠くて大変だった。前日遅い時間での到着で翌日ハードの会議に影響するのでもう少し余裕があった方がいいと反省。

会議では多くの議事が上がっていましたが一番の関心はやはり2024年のパリでのパラリンピックにセーリングが復活できないというIPCの報告書についてでした。2024年パラリンピックへの復帰は厳しいようですがまだチャンスがないという訳ではないのでコミッティーとして可能性が少しでもあればこれからも全力で取り組む予定です。

今回もVision社のGlobal WiFiを使わせて頂いたので、トランジットのシカゴでの長い待ち時間もパソコンを有効に利用ができた。会議の時もWSのサイトにあるアジェンダやサブミッションなどを閲覧でき、ペーパーレスにも一役貢献。また会議以外の時でも仕事とプライベートのメールを処理する事ができた。また株、銀行の状態も確認ができたので大変助かった。お蔭様で会議もスムーズに終わり、無事に帰国しました。



Comments are closed