中国緑化活動

 2018年9月2日~9月11日までの11日間中華人民共和国内モンゴル自治区ダラト旗クブチ砂漠にて緑化活動や交流プログラム。北京での交流プログラムを実施。
 この活動は2004年から「東アジアの安定と平和のため、国境を越えた環境問題に取り組み、日中の青年たちが汗をかき寝食を共にしながら真の友情を育み朋友となることで、民間による平和外交使節団としての責務を果たす」という目的のもと、今回で第14次隊となる活動です。

■活動内容
・ポプラの植林
・保育剪定作業
・作業レンガ道整備
・ダラト旗の高校生との交流会、スポーツ大会
・北京語言大学日本語科学生との意見交換会、市内自由散策

 活動中、作業だけでなく、砂漠緑化に尽力した日本人、中国人の足跡をしるした博物館の参観。北京盧溝橋にある「抗日戦争記念館」を参観し、中国側の視点での戦争を知り、大学生と意見交換会を設け議論。翌日は日中の学生が一緒に班を作り市内を散策するなど、過去を踏まえた未来志向の交流プログラムも行いました。
 VPN接続が可能なため、LineやFaceBookを使用した情報交換や発信といった、SNSを効果的に活用できたことは、私たちの日中友好活動を社会へアピールすることができました。ご協力誠にありがとうございました。



Comments are closed