中国ハルピンにきています

みなさんこんにちは、アルペンスノーボーダーの三木つばきです。
私は6月15日~20日まで、中国のハルピン屋内ゲレンデにきています。今日で3日目の滑走となりました。

1月21日にイタリアでのジュニアレース中転倒し、残念でしたが昨シーズンはレースや練習を終えて帰国し、手術となりました。ピョンチャンオリンピックは療養中にテレビで観戦し、日本の公式戦や先輩方の海外レースの結果をみながら悔しい思いもしましたが、リハビリに集中し、トレーニングを重ね、こうした時間でないと会えない人や見聞きすることができないことにも触れ、特に動かせる下半身の強化も沢山できて、充電できたと思います。
そうした5カ月、手術から4カ月後に再び渡航できたことはとてもうれしかったです。
羽田ではグローバルWiFiの窓口には研修中の方がおられて丁寧に対応して下さり、グローバルWiFiを受け取った時は、いよいよ出発だ!という気持ちになれました。
グローバルWiFiをうけとるのは、私にとって出発のシグナルがなったような感覚になるものだと感じました。

中国自体初めてですが、ハルピンは建物がきれいで食事もwandaホテル系でとてもよく、ジムもあって、

快適に過ごさせていただいています。
練習までは徒歩で移動しますが、屋内スキー場はモールと一緒になっていて賑やかです。

中の屋内スキー場は


屋内スキー場は天気や雪質の変化を気にせずに練習出来てよいですね!
想像よりスムーズに自分の滑りを取り戻せ、良い練習ができています。
最初は、短期間なので、まずは楽しく滑る感覚をとりもどせたらと思っていましたが、進みがよくつい欲がでて、もっといい滑り、もっとと練習モードに入っていきました。
あと1日ですが、つぎの遠征に向けていいスタートがきれた思いで帰国できるように、頑張ってきます!
みなさん応援よろしくお願いします!



Comments are closed