Buffalo big board surfing classic 42th

 

サーフィンの歴史を知るべくハワイの西側、マカハポイントで毎年開催されるMAKAHA BIG BOARD SURFING CLASSIC 42thに参加してきました!

ロングボードは10ft以上の大きなボード、SUPタンデムやブリーボード、SUPスクワッチ、カヌー、パイポ、アライアといった日本では聞き慣れない波乗りの方法でのコンテストが行われ、全世界へのネット配信とハワイのテレビにも映るほどの規模。

 

 

初めての参加でしたが、5人で波に乗るSUPスクワッチとブリーボードタンデム(2人乗りボディーボード)、women’s open、foreign(外国人)クラスに参加させていただきました。

こういった伝統的なコンテストながら、外国人クラスがある事にマカハのサーファーのあたたかさと、長年コンテストに出場されている日本人を含めた外国人サーファーにも感謝です。

 

外国人クラスでは男女混合の中で唯一、女性でファイナル進出の5位を獲得しましたが勝ち負けだけでなく、様々な方法で波に乗る楽しさを改めて感じさせてくれるようなコンテストでした!

このマカハの伝統や歴史に触れ、今まで当たり前にサーフィンをしてきましたが、元々はこういった人々からサーフィンが広められ、今自分がサーフィンできていることに感動です!

 

 

サーフィンの歴史に触れ、自分の知らないスタイルの波乗りをまた新たに教えてくれた素晴らしい旅となりました!

 

#グローバルwifi
ハワイでも快適なwifiネットワークをありがとうございました!

 



Comments are closed