ワールドカップ転戦

8月中旬〜12月中旬までヨーロッパを中心にトレーニング及びワールドカップを転戦していました。

ワールドカップはオリンピックの選考レースでもあるので、まずは10月末の開幕戦に向けてしっかりと準備をして大会に臨みました。

ワールドカップは1本目の上位30位までが2本目に進出することができるのですが、この30位というのが日本人、アジア人にとっては難しく、高い壁でもあります。

今年の開幕戦は10月29日に行われ、私はワールドカップに挑戦して4年目の挑戦にして、初めてクリアすることができました。

29位で1本目を通過し、最終結果としては25位でした。

大学生のうちに2本目に進出したいと思っていたので、とても嬉しく、またモチベーションの高まりにもつながりました。

 

ただ、その後のワールドカップは開幕戦の結果をプレッシャーに感じてしまい、思うような滑りをすることができず、悔しいレースが続きました。気負いすぎたのが、反省点です。

どんなレースであっても、心身ともに良い状態でこれからのレースは臨もうと思います。

 

今回8月から始まった約4ヶ月の遠征では、越えられそうでなかなか越えることの出来なかった壁を越えられて嬉しかった経験と、越えた先に次から次へと出てくる壁を越え続けていくことの難しさ、どちらも経験することができました。

これから先、もっと上を目指して、夢であり目標でもあるリンピックの舞台に立てるように、頑張り続けたいと思います。

 

 



Comments are closed