中国遠征

今回12月1日より17日まで中国・万龍、松華湖というスキー場2会場にてアジアのチャンピオンを決めるシリーズ戦の開幕シリーズが開催されました。

前半に万龍にて4戦(回転2戦・大回転2戦)、後半に松華湖にて同じく4戦が行われました。

この大会は、昨シーズン2月(2017年)のユニバーシアード冬季大会で前十字靭帯を損傷をした後の復帰戦となりました。

また、昨シーズン負傷してしまいシーズン後半のレースに出られず、ペナルティを受け私自身のポイントが悪くなってしまい、スタート順もかなり下がってしまいました。

秋季遠征では膝の様子を伺いながらの練習で練習量を稼ぐことができず、100%で攻めることのできない状態で挑むこととなりました。

そしてレースの結果は前半は4戦のうち1レースしか完走することができずかなり悔しい結果になりました。

1本目にいい順位に着くことが出来ても自分の中で勝ちにこだわり、まずはスタート順の確保をしなければならない中雑念が入り途中棄権をしてしまうなど、身体と気持ちの差がまだ埋められていない状態でした。

そして後半の松華湖では戦い方を変え、満足のいかない順位でもまずはポイントを稼ぎスタート順を上げ、上げたところから勝負をかけにいくという方法にしました。

結果は4戦中全てで数字を出すことができ、回転では次戦からシードにも入ることができました。

今シーズンは始まりが遅かったことから調整不足が目立ちますが、レースを回りながらしっかりと調整を行い、1日でも早く自分を良い状態へと導いていきたいと思います。



Comments are closed