フィリピンスタディツアー

 特定非営利活動法人国際ボランティア学生協会(IVUSA)は、8月30日から9月6日までフィリピンでスタディツアーを実施し、学生15名が参加しました。
 IVUSAはこれまで3回、2014年の巨大台風ヨランダからの復興支援や環境美化活動や植林などの活動をしてきました。今回は、フィリピンでの防災や環境対策の先進的な取り組みを学ぶのが主な目的です。訪問した先は以下の通りです。

・JICAフィリピン事務所
・NDRRMC(国家災害リスク軽減管理評議会)マリキナ事務所
・マリキナ市環境管理事務所

 その他にも、継続して活動しているヌエバエシハ州ラオ―市ピナグバヤナン地区・シクロン地区にも訪問し、現地のカウンターパートの団体や協同組合と、今後の事業の進め方に関するMOU(協定 Memorandum of Understanding)を結びました。
 また、その地域の防災に関する取り組みを学ぶためのワークショップや植林活動も行いました。



Comments are closed