世界選手権に向けたマシンの開発を行う為、アメリカへと行ってきました。

 

 7/20-8/9までの約20日間、アメリカはアリゾナ州のレイクハバスシティに滞在しておりました。今回の滞在目的は複数あり、第1に10月に行われるジェットスポーツの世界選手権(World Finals)に向けたレースマシンの開発協力、第2にそのマシンで滞在期間中に開催予定のレース参戦、第3に来年度に向けたマシン製作、第4に新しいパーツの製作協力等があり、滞在期間はアメリカでのマシンのスポンサードを行ってくださっているProWatercraftRacingさんで従業員の方々と混ざって一緒に作業をしておりました。現地での私のメインの仕事は(仕事と言っても給料は出ないのですが、、、)、テストライダーとしてマシンの開発や製作でしたので、毎日のように会社から車で10分ほどの場所にあるボディービーチへと通い様々なマシンに乗ってそのマシンの走行時の挙動を逐一社長へと伝える役目を果たしておりました。

 運悪く参戦を予定していたレースが数日前にキャンセルとなってしまい本来の目的を予定通り果たすことはできませんでしたが、メインの目的であった世界選手権のレースマシンのテストは行うことができ、そのマシンの手応えは相当なものでした!

 正直これまで乗ってきたどんなマシンよりも速く、あまりにもそのマシンの出来が凄すぎてテストの間は笑いを抑えられないほど興奮させられました!ライディング時の感覚は“走っている”というより“飛んでいる”という表現が正しいのではないかと思うくらい、これまでのどんなマシンとも異なる仕上がりでした。まだマシンも完成までにはもう少し時間を掛ける必要があると感じた仕上がりではありましたが、むしろ今の状態よりマシンが速くなることが楽しみでもあり恐怖でもあります。

 そして今回のアメリカ滞在は私に沢山の経験を与えてくれました。これまでバイト以外で仕事をしたことが無かったり、一人暮らしを行ったり等、今までに体験することのできていなかった沢山の社会経験を短い期間ではありますが経験することはできました。これらの経験から学んだり考えさせられたことは多く、今回の滞在はとても有意義なものであったと自負しております。

 最後に私のことを応援して下さり支援をして下さっている皆様、そして滞在期間中4GLTEでのストレスなくスムーズな連絡やSNSの投稿を支えて下さったGLOBAL Wi-Fiさんにも大変感謝しております。

 今後とも宜しくお願い致します。



Comments are closed