三度目の「ツールドフランス」取材/目黒誠子

2015年は一週間、

ツール・ド・フランス2015帯同レポートby目黒誠子

2016年は約二週間にわたった「ツール・ド・フランス」の取材。

(ツール・ド・フランス2016 
選手たちの胃袋を満たすランプレ・メリダのチームシェフの働きに迫る」 
落車が絶えないツールを支えるメディカルチーム 医療班の裏側に迫る
雨が降っても雹が降っても走り続ける選手たち 目まぐるしく変わる空と戦う3週間」)

ついに今年はグランデパールからフィニッシュまで

全日程取材してまいりました。

 

ドイツ・デュッセルドルフからはじまり、

ベルギー、ルクセンブルク、

フランスと

今年は4国をまたいだ行程となりましたが、

Global Wifiのおかげでなんら支障なくWifiアクセスができ

大変たすかりました。

 

Stage3
Verviers(ベルギー)-Longwy(フランス)

Stage4
Mondorflesbains(ルクセンブルク)_Vittel(フランス)

 

 

 

取材の模様はシクロワイアード

目黒誠子のツール・ド・フランス帯同記2017」でご覧いただけましたらうれしいです。

そして今回、この取材が大変為になり、

「自転車と旅の日~マルベロ」というイベントを

宮城県丸森町にて開催させていただき、おかげさまで盛況に終えることができました。

応援してくださったみなさま、関係者のみなさま、

そして会場に足を運んでくださったみなさま、

心より御礼申し上げます。

誠にありがとうございました。

 

引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

 

 

目黒誠子

 

 



Comments are closed