TJSBA G-SHOCK Jet Ski Pro Tour 2017 Rd.Final

 3月から始まり全4戦での開催となったタイナショナルツアーもとうとう最終戦を迎えました。第4戦のレース会場となったチュムポーンと呼ばれる町はバンコクから飛行機で南に30-40分ほど移動した場所に位置し、第3戦に引き続きレースは海で行われました。しかし第3戦のように海面が荒れるようなことは無く、島やテトラポッドに囲まれた湾であったため強風が吹いてもそれらによって波が遮られ波が全く立たないレースコースとなっていました。

 また、今回タイ人有利のローカルルールが働きマシンチェンジを予定していた私はそれが不可能となり、Pro Ski GPではこれまでの3戦で連続優勝を果たしてきたマシンの”Pro Force”を使用できず、他のチームから貸して頂いたエンジンの改造が施されていないスマシンでの参戦となってしまいました。そのため、陸上での見えない力によるアウェーの洗礼に負けぬよう、Pro Forceでなくても優勝してやる!という強い気持ちを持ってレースに臨みました。

 そして最終結果としては、Pro Ski GPクラスでは運にも恵まれずマシントラブルも発生し8位でレースを終えることとなり、この順位を大きく下げたことがシリーズランキンにも大きく影響し、これまでの3戦を全て優勝してきたにも関わらず2ポイント差でナショナルチャンピオンを逃す結果となりました。しかし、同時に参戦していたPro Ski 2-Stroke Stockクラスでは4戦全てを優勝で飾り、自身2度目のタイナショナルチャンピオンを獲得することができました!!

 Pro Ski GPクラスでチャンピオンを獲得できなかったことはあまりにもショックで考えられないほどに悔しいことですが、気持ちをしっかりと切り替えてこの悔しさをバネに今シーズン後半戦のレースでは全てのレースでチャンピオンを目指して走っていきたいと思います。



Comments are closed