312
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

GO BEYOND な

中川日愛里(ナカガワヒマリ)

スノーボーダー

私はスノーボード、ハーフパイプの競技をしています。 スノーボードを始めたきっかけは、スノーボード一家だったからです。 休みの日になると岐阜県にあるスキー場へ行き、両親に教えてもらいながら少しづつ滑れるようになりました。 滑れるようになると次は兄に置いていかれないように一生懸命後ろをついて行きました。 高鷲スノーパークにはとても綺麗なハーフパイプがあります。 兄がハーフパイプを滑っていた事もあり、私も一緒に滑るようになりました。 兄の真似をして滑り、上達した時はとても嬉しかったです。 私は負けず嫌いな性格なので、もっと上手になりたいとだんだん強く思うようになり、競技にも出るようになりました。 今は国内の大会を中心に活動しています。 ハーフパイプを続けるのは、一人ではできず、また心がけも大切です。 競技を行うコースは少なく、大会も限られたところで行います。その為、移動に苦労します。 ただ、いつも家族がいつも付き添ってくれ、スノーボードが出来ています。 感謝しています。

海外の大会やオリンピックに出ている先輩達を見て、また表彰台にのっている姿を見ていると、とても憧れます。 私もいつかは同じ大会に出て先輩達のように表彰台にのりたいと思います。 それにはもっと実力をつけてメンタル面の強化が、とても大切で私に必要なことだと感じています。 緊張してしまうと思うような滑りが出来なくなる事もあります。 それに、日本の大会でもすごく緊張するのに、海外の大会では想像出来ないくらい緊張するのだろうと思うからです。 他にも大切なことはあります。 ハーフパイプは一歩間違えたら大怪我につながる競技です。 技術面はもちろんですが、体づくりもしっかりとしていきます。 私の目標はオリンピックに出場し良い成績を残す事なので、今自分が出来ることを考えて焦らず確実に一歩づつ前に進めていきたいです。 どれもこれも、生活面で協力してくれる家族、応援してくれる方々、サポートしてくださる方々のおかげでできています。 感謝し、世界で活躍できる選手になれるように前に進んで行きたいと思います。

私は、中学生です(2022年1月現在) これから高校、大学と進むにあたり、学業も大切に取り組んでいきます。 スノーボードのハーフパイプがあるスキー場や練習場は、海外にあるか、日本でするにも自宅から遠い限られた場所でするいことになります。 文武両道はとても大切だととらえています。しかし、とても難しいです。 スノーボードも同じで、新しい技や難しい技をやる時は不安で怖いです。 以前、技の練習をしていてケガをしてしまい、ケガが治り同じ技の練習をする時はとても怖かったです。 しかし、どうしてケガをしたのか、何がダメだったのかを教えてもらいながら再度挑戦する事が出来ました。 私は、出来ないと思ったら先へ進めなくなると考えます。 自分を超える、自分の限界を越えるためにも、文武両道を成し遂げ、また、様々な事に挑戦していきたいと思います。 海外で活躍している先輩達を見習いながら、また参考にさせて頂きながら、私も海外で活躍できる選手になれるように頑張って行きたいと思います。 これからも自分の限界を決めずGO-BEYONDERとして前に進めて行けたらいいと思います。

GO-BEYONDER No.312

スノーボーダー

中川日愛里

愛知県名古屋市出身 家族の影響でスノーボードを始める。 ホームゲレンデは、冬季に岐阜県高鷲スノーパーク、夏季に山梨県カムイ御坂スキー場。 FIS大会に出場可能年齢の13歳のに、全日本5位に入賞。 13歳より強化指定選手として活動中。

Instagram:https://www.instagram.comhimari_nakagawa

受賞歴

    • 2021年11月 カムイみさかオープン 2位
    • 2021年4月 全日本選手権 5位
    • 2021年4月 ジュニアオリンピック 2位
    • 2021年3月 FIS北海道選手権 3位
    • 2021年3月 札幌ジュニアスノーボード競技大会 3位
    • 2019年2月 全日本選手権 5位
    • 2021年3月 FIS JAPAN CUP 4位
    • 2019年2月 ジュニアオリンピック 優勝
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ページトップへ