201
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

GO BEYOND な

大音凜太(オオオトリンタ)

プロサーファー

両親がサーフィンをしており、毎週末、海に行き、物心ついた時にはボードの上に立っていました。最初は波が来るたび押してもらい、乗る事だけの楽しさでサーフィンに熱中していました。

試合や大会に出たいと思ったのは小学生の頃で、本格的に出場し始めたのは2年生の頃でした。それからは年間20試合以上の試合に出て、一回戦で負けることもあれば優勝するときもある・・・みたいな「ただ頑張っているだけ」にも見えるような小学生時代でした。

中学は東京から千葉に移住し、サーフィンに対する考え方を少し変えて、トレーニングにも通うようにして日々練習していました。高校1年の時に出場した、アマチュアの全日本選手権で優勝したことにより、意識がどんどん変わり、周りの環境も良い方向に変化していきました。

翌年、プロ公認テストを受け、プロサーファーとしての活動が始まるわけですが、なかなか勝てなくて悔しい一年を経験しました。「優勝できない!今の自分に足りないもの、かけていること」を何度も自問自答していました。コーチングの先生やトレーニングの先生、スポンサー様などからのアドバイスもあり、少しずつ「勝つこと」やメンタル・フィジカルなども学ぶようになりました。それからは、優勝することも大事ですが、目の前にある目標や一つずつ勝ち上がっていくこと、そこに重点を置いて試合に挑んでいます。

2016年ころから海外の試合にも出てみたいと思うようになり、少しでも良い成績を残し、最終的にはWCT (World Championship Tour)に出場してみたい!いや、出場する!という思いが強くなりました。そのためには、スキルアップ・メンタルフィジカルトレーニングなどをもっと勉強する必要があり、技術以外のスキルのレベルアップを目指しています。

毎年ハワイ・ノースショアに修行していますが、色々な国へ行き様々な波に挑戦することや、今の自分への課題である語学の勉強をし、海外選手たちとのコミュニケーションはチャレンジすることも大事だと思っています。

マリンスポーツ(サーフィン)は自然相手のスポーツでもあり、いくら頭の中に自分がしたいサーフィンを描いていても、いざその場(試合や練習)になると天候の良し悪しや波質や潮の満ち引きなどで思ったようにライディングができない時がほとんどです。

そんな時でも瞬時に頭の中で切り替えができ、身体共に柔軟に対応し、最高のパフォーマンスができるよう、見せれるように今まで培ってきた経験や体験を活かしていきたいです。そして色々な海外の波を知り、今よりももっと経験を積んでいく挑戦は続けたいです。

GO-BEYONDER No.201

プロサーファー

大音凜太

2000年8月、東京生まれ。両親の影響で、物心がつく前から、一緒にサーフィンをはじめる。サーフィン連盟(NSA)の2017年度強化指定選手(A指定)に選抜。2017年「2017 ISA World Surfing Games」や「2017 VISSLA ISA 世界ジュニアサーフィン選手権」に日本代表チームのメンバーとして参戦。その後も3年連続でオリンピック強化選手指定選手となるほどの実力者として、日本を代表するプロサーファーとして活躍中。

Instagram:https://www.instagram.com/rinta_oooto/

Facebook:https://www.facebook.com/rintaoooto/

受賞歴

2016年
NSA全日本サーフィン選手権大会ボーイズクラス優勝
NSAグラントチャンピオンシップU-18 優勝
NSAボーイズクラスポイントランキング1位
2017年
JPSAプロ公認獲得
JOCジュニアオリンピックカップ大会ジュニア選手権大会 U18 5位
SA WORLD SURFINGフランス世界大会(日本代表)25位
ISA WORLD JUNIOR SURFING宮崎世界大会(日本代表)33位
2019年
ジャパンオープンオブサーフィン(オリンピック選手選考試合)出場
GshockファンフェスタSITY WAVE PRO 優勝
2017,2018,2019年度
オリンピック強化指定選手
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ページトップへ