190
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

GO BEYOND な

石塚健(イシヅカタケシ)

レーシングライダー

オートバイとの出会いは3歳の時。父親が、3歳の誕生日にポケバイと呼ばれる小さなバイクを買ってくれたことがきっかけでした。

最初はあまり好きになれず怖かった記憶がありますが、少しずつ楽しくなってきて気付いた時にはバイクに乗るのが当たり前になっていて、毎週末家族揃ってサーキットへ練習に行くようになりました。7歳の時にはポケバイの日本一を決める、全日本選手権でチャンピオンを獲得することができました。

その後はミニバイクにステップアップし各サーキットで優勝を重ね、2013年から本格的にロードレースへの活動を開始しました。

翌年2014年から全日本ロードレース選手権へとステップアップし、5年間の全日本参戦を経て、2019年シーズンから目標であった 「CEV REPSOL Moto2 ヨーロピアンチャンピオンシップ」に参戦する事になりました。

幼い頃から将来の夢は、世界最高峰のオートバイレース「MotoGP」のライダーになる事です。そして世界で活躍できるライダーになりたい。その一心で走り続けてきました。しかし、レースをする上で一番の問題は資金難です。

ごく一般的な家庭で育った自分には、レースを続けるだけでも容易ではなく、大きなスポンサーが付いている訳でもなければ、レースで勝つ為の環境を作りだす事など到底できず、悔しいシーズンを沢山過ごしてきました。挫折も経験し、大好きなレースを辞めてしまおうか本気で考えた時期もありましたが、簡単に諦めるわけにも行かず、目標に向かい努力を重ねていきました。

そんな中、目標であった「CEV REPSOL Moto2 ヨーロピアンチャンピオンシップ」に参戦するチャンスを引き寄せる事ができました。

「CEV REPSOL Moto2 ヨーロピアンチャンピオンシップ」は「MotoGP」への登竜門にもなっているレースで、成績次第では、MotoGPの中量級クラス、Moto2クラスへのステップアップという道が確実に見えてきます。CEV参戦は自分の人生において大きな決断でありチャレンジになりますが、せっかく引き寄せたチャンス。思う存分戦って、応援していただいている方々の為にも、しっかりと世界を相手に勝負して行きたいと思います。

自分の本当のチャレンジはここからが始まりだと思っています。これからもさまざまな壁にぶつかると思いますが、全てに果敢に挑戦し、一つ一つ乗り超え成長していきたいと思います。

強く想い続け、諦めず行動していれば不可能なんてない。目標の舞台に一歩踏み出せた事こそが、「GO BEYOND.」を実感できた瞬間だと思います。

そして、いつの日か夢を叶えることが出来たとき改めて「GO BEYOND.=超えていた」と実感出来るよう、精一杯頑張ります。

GO-BEYONDER No.190

レーシングライダー

石塚健

1995年7月、埼玉県生まれ。3歳の誕生日に父親からプレゼントされたポケバイに出会い、オートバイの世界へ。7歳にて全日本選手権でチャンピオンを獲得。2013年から本格的にロードレースの活動をスタートし現在に至たる。2019年シーズンから目標であった 「CEV REPSOL Moto2 ヨーロピアンチャンピオンシップ」に参戦、これからのロードレース界を担う選手として注目されている。

Instagram:https://www.instagram.com/takeshi_0722/

Facebook:https://www.facebook.com/takeshiweb/

HP:https://takeshi-ishizuka.com/

受賞歴

2014年
全日本ロードレース選手権ST600クラス ランキング13位
2015年
全日本ロードレース選手権J-GP2クラス ランキング17位
鈴鹿8時間耐久ロードレース SSTクラス3位
2016年
全日本ロードレース選手権J-GP2クラス ランキング5位
鈴鹿8時間耐久ロードレース SSTクラス優勝
2017年
全日本ロードレース選手権J-GP2クラス ランキング7位
鈴鹿8時間耐久ロードレース SSTクラス2位
2018年
全日本ロードレース選手権J-GP2クラス ランキング15位
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ページトップへ