自然が作り出したコースを縦横無尽に滑る" />
この方の投稿記事を見る
180
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

GO BEYOND な

浜和加奈(ハマワカナ)

プロスノーボーダー

チャンスは一度きり
自然が作り出したコースを縦横無尽に滑る

私はスノーボーダーとして「フリーライド」という競技に取り組んでいます。この競技は自然が作り出した険しい斜面にスタートとゴールだけを設置した天然のライディングコースを一人ずつ滑り、コントロール力や滑りの流動性、技の難易度や正確性を審査員が評価し得点を競うスポーツです。テスト走行なしの一本勝負であるため、集中力と滑走能力に加え、どれだけ多くの斜面を相手にしてきたかという経験値が勝敗を決める鍵となります。

フリーライドにはFWT (Freeride World Tour) という北米やヨーロッパで知名度の高いツアーがあり、このツアーに参加するための予選であるFWQ (Freeride World qualifier) とFJT (Freeride Junior Tour) という大会が世界で100以上開催されています。世界各国から4千人以上もの選手が参戦していますが、本戦であるFWTへ進出できるのは、男女あわせてわずか50名ほどの狭き門です。

私は2018年にFWQで優勝をしたことで大会主催特別枠をいただき、スノーボーダー達の夢の舞台であるFWTへ参戦を果たし、国際予選リーグで勝ち上がってきた世界のトップ選手47名の中で、大会20年の歴史上、日本人初となる優勝という結果を残しました。初挑戦となった国際大会での優勝は、私に大きな自信を与えてくれました。これから先も日本のフリーライドを牽引する存在となれるよう、前へ進んでいきます。

2018年
Freeride World Tour 世界ランキング5位
Freeride World Qualifier 日本ランキング1位
2018年1月
Freeride World Qualifier Hakuba 優勝
2018年2月
Freeride World Tour Hakuba 優勝

フリーライドへの転向で思い出した 滑ることの醍醐味

私が本格的にスノーボードを始めたのは2004年でした。もともと自然の地形を利用した整備されていないようなコースを好んで滑っていたこともあり、難易度の高い斜面で滑走する機会が多くありましたが、趣味として楽しむ程度でした。しかし徐々に自分の滑りに自信が持てるようになってくると、プロとして力を試したいという思いが膨らんでいくようになっていきました。

プロとして初めに挑んだ種目は「スノーボードクロス」という複数人が同時に同じコースを滑走し、着順を競い合う競技でした。この競技でのオリンピック出場を目標に取り組みましたが、世界の壁は私の予想していたものよりも高く、なかなか結果を残すことのできない悔しい日々が続きました。

そして2018年、スノーボード競技を引退する覚悟でフリーライドに挑むことを決意しました。これが私にとっての転機となります。初めて参戦したFWQ (FWT予選大会) でなんと優勝することができたのです。スノーボードクロスで培ってきたライディング技術と経験が初出場にして優勝という結果に繋がり誇らしかったです。そして本戦のFWTでも日本人初となる優勝という快挙を上げることができ、表彰台の一番高い場所から最高の景色を見ることができました。一度は諦めかけた夢でしたが、種目の転向を機に再びスノーボードを始めた当初のライディングを楽しむという感覚を取り戻すことができたように感じています。これからもこの気持ちを忘れずに世界中のライディングコースに挑戦していきます。

競技者としての想いを発信、世界に届ける

日本ではまだまだマイナー競技に分類されるフリーライドですが、世界ではエクストリームスポーツとして知名度が高く、人気のあるスポーツです。危険なコースをダイナミックに滑り降りる果敢なライダー達の姿は見る人を魅了し、興奮させるとても魅力的な競技です。

私は日本を代表するフリーライド選手として活躍することで、日本でのフリーライドの認知に貢献していきたいと思っています。現時点で2019年のFWTに参戦が決まっている日本人スノーボーダーは私一人です。この競技の繁栄に貢献するためにも、日本を代表する選手としての自覚をもち活動していきます。

スノーボーダーとして世界で転戦し続けることで、日本では見る事のできない世界各地の荘厳な山々など素晴らしい景色を目にしてきました。世界を舞台に挑戦を続けることで、多くの壁にぶつかり乗り越え、経験値を積み上げてきました。これらすべての経験は応援してくれる家族や仲間をはじめ、ファンの皆様のサポートがあってのことです。私が経験したことや、そこから学んだことを、応援してくださる皆さんに伝えていくことが恩返しであり、私の任務なのだと考えています。

スノーボードクロスでなかなか結果が残せず辛かった時、私は目の前の結果に一喜一憂をして足元を見ることはありませんでした。きっとこの経験もいつか良い形で自分に戻ってくると信じ、前を見てきました。どんな経験も目標を達成するため通過点だと思います。

この先フリーライドの世界一に挑戦する中で、色々な経験を積むことになると思いますが、点としてとらえるのではなく、それが積み重なって線になっていくということを忘れずに、常に挑戦を続けていきます。

GO-BEYONDER No.180

プロスノーボーダー

浜和加奈

1979年3月27日北海道生まれのプロスノーボーダー。当初は競技種目をスノーボードクロスとしていたが、2018年にフリーライドへと変更し、同年の1月にワールドツアー参加の予選となるFreeride World Qualifier Hakubaで優勝。翌月に本戦となるFreeride World Tourで世界の強豪を抑え優勝を果たした。フリーライド競技の認知向上のためにも、世界ランキング1位を目指し世界各地の大会で奔走している。

Instagram:https://www.instagram.com/wakana.hama/

Facebook:https://www.facebook.com/wakana.hama.7

Twitter:https://twitter.com/wakana327

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ページトップへ