この方の投稿記事を見る
166
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

GO BEYOND な 団体

刀屋壱(カタナヤイチ)

殺陣パフォーマー

日本文化の伝承者として世界に届けたい
五感で感じるノンバーバル殺陣パフォーマンス

私達は殺陣という日本文化を世界に発信して国際交流を深めることを目的とし、舞台での活動を中心としながら国内外でのパフォーマンスなどをして活動しております。「殺陣をもっと身近に感じてほしい」との思いから、映像、舞台、パフォーマンス用の小道具、武器も作り販売しており、近年は殺陣の動きを使ったエクササイズスクールを定期的に開催するなど、多岐に渡る活動で日本文化の普及に従事しています。

メンバーは10名の俳優・女優で構成されており、日本国内でも舞台などを中心にそれぞれが活躍をしています。「日本独自の文化を世界に伝え、国や言葉を超えた感動を伝えられるものを創造していくこと」を目的としパフォーマンスを披露し、その質を上げるために稽古をしています。

2015年にイギリス最大のジャパンイベントであるハイパージャパンフェスティバルにゲストパフォーマーとして参加させていただき、オリジナルのノンバーバル(台詞のない)お芝居仕立ての殺陣パフォーマンスを行ったことを皮切りに、2016年にはフランスのジャパンEXPOにも出場を果たすなど、近年では海外での公演も増えており、海外のお客様にもパフォーマンスを見て頂く機会を積極的に増やしながら活動を続けています。殺陣の魅力をもっと身近に感じてもらうために、サムライ体験道場を開くなど、お客様に日本文化を体験することでさらに興味をもっていただき、一体感を感じながら文化交流をする活動も行っております。

「世代も国籍も超えて楽しんでいただけるオリジナルのノンバーバル作品を作り、日本文化を伝えていきたい!」という思いを込めて、刀屋壱は今後も精力的に活動を行っていきます。

2015年7月
イギリス ハイパージャパンフェスティバル 出演
ドイツ デュッセルドルフの幼稚園・小学校にてパフォーマンスを披露
2016年7月
フランス ジャパンEXPO 出演
1万5千人の会場で刀屋壱代表作となるノンバーバルパフォーマンス「業~Gou~」を披露
2017年4月
アメリカ ワシントン桜祭り 「巫~Kannagi~」披露
2017年8月
タイ ジャパンEXPO タイの神話をモチーフにした立ち回りを披露
2018年7月
フランスのジャパンEXPOパリで新作のノンバーバルパフォーマンス「戀~Ren~」を披露
2018年8月
台湾のタッチ・ザ・ジャパンで「結~Yui~」を披露
2018年10月
アブダビ「MIDDLE EASTGAMES CON 2018 で新作ノンバーバル「愁〜Shu〜」を披露

絡み合う多様性が生み出す「魅せる殺陣」

刀屋壱は結成当初、現在の代表である水野大とその門下生であった春奈、伊藤の3人のチームでした。2018年までに仲間は10人にまで増え、人数の増加と共に活動の場を広げています。当たり前のことではありますが、現代の日本社会に侍と忍者はもういません。しかし、日本のアニメや漫画の影響もあり今でも海外ではNINJA・SAMURAIに憧れのような感情を持ち、日本文化というものに興味をもって下さる方が非常に多く、日本文化自体がとても人気があります。

その一方で、日本人の私たちはというと、刀や着物は日本の美しい伝統文化であるにもかかわらず身近なものと感じながら生活をすることがなくなっています。日常生活ではなかなか触れることはないにしても、日本人である以上忘れてはいけない日本の文化、日本の魅力を私たちはパフォーマンスを通じて日本人の心にも伝えていきたいと考えています。

パフォーマンスとして殺陣を行う以上、安全に戦う姿をお見せする必要はありますが、パフォーマンスとして多くの観客を引き付けるためには、自分たちのパフォーマンスを最大限のものに引き上げてお見せする必要があります。なので、私たちは殺陣本来の迫力のある姿、スピード感、ダイナミックさ、すべてを融合させた「魅せる殺陣」を意識してパフォーマンスをしています。

古き良き日本文化と現代のものを組み合わせた衣装や音楽、空想の世界の武器なども融合させた刀屋壱オリジナルのノンバーバルパフォーマンスが私たちの舞台の最大の魅力です。その魅力をどんどん引き上げて、もっと多くの人に届き、心を引き付けるパフォーマンスをするためにも、殺陣に限らず日本人として自分の国の文化、国自体をもっと深く知る必要があると考えています。私たちは日本文化の伝承者であるという意識をもち、これからもよい作品作りに尽力していきます。

観客と作り出す一体感 最高の非言語エンターテイメントショーが生まれる

私たちにとって「GO BEYOND.」した経験は何千人ものお客様が私たちのパフォーマンスを見てスタンディング・オーベーションをしたくださった光景を目にした時です。私たちのパフォーマンスに感動し、笑い、そして涙を流し、台詞がなくても共感して大きな拍手をしていただいた、あの光景はこの先も忘れる事のできない貴重な経験となりました。海外でノンバーバルパフォーマンスを披露するとき、ストーリーなどは全く伝えずにパフォーマンスをします。しかし、言葉がなくても見てくださるお客様はセリフがなくてもストーリーを理解してくださいます。中には感動して涙を流してくださる方もいらっしゃいます。

以前お話させていただいた観客の方の中には、2年前に私たちのパフォーマンスをご覧になり、再び同じ場所で新作を披露するという話を聞き、わざわざ観に来て下さった方もいました。私たちのパフォーマンスが誰かの記憶に残り、心を動かすことができたということがとても嬉しかったです。「ノンバーバルの演技でも、言葉がなくても、伝えたい思いというのはこんなにもしっかりと伝わる」私たちが届けるエンターテイメントは人の心に響くものなのだと知り、自分たちの活動に誇りを持つことができました。

そしてこの先の私たちにとって、「GO BEYOND.=超えていく」ということは、言葉や文化の違いがあっても受け入れてもらえる作品をどんどん生み出し、全身全霊で披露し続けていくことです。世界各国多くの国や地域をこれまで訪れてきましたが、まだ訪れたことのない場所がまだまだたくさんあります。そんな場所でも私たちの作品が受け入れていただけるのか挑戦を続けていきたいです。そしてその場所の文化や日本の伝統を取り入れて、新たなパフォーマンス想像し、世界の人々との交流を続けていけたらと思います。

これからも世界を舞台に殺陣を通じて日本の文化を発信し、感動を届けていきます。

GO-BEYONDER No.166

殺陣パフォーマー

刀屋壱

日本の伝統文化である殺陣を用いたパフォーマンスを世界に発信するパフォーマンスチーム。国際交流を深めることを目的とし、舞台や映像、国内外での殺陣パフォーマンスをして活動している。フランスで開催されたジャパンエキスポ、ロンドン ハイパージャパン、ワシントン 桜祭り、タイ ジャパンエキスポなどでもパフォーマンスを披露し成功を収めている。ロンドンやドイツでは現地の小学校、幼稚園でノンバーバル殺陣パフォーマンスを披露し、サムライ体験道場を開くなど国際交流活動を通じて、日本文化を広めている。「言葉がなくても感動を生み出す物語を」をコンセプトに日本独自のサムライや忍者の殺陣パフォーマンスを通じて感動を届ける活動を続けている。

Instagram:https://www.instagram.com/katanayaichi/

Facebook:https://www.facebook.com/katanayaichi

Twitter:https://twitter.com/katanayaichi

HP:http://katanayaichi.com/ichi/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ページトップへ