この方の投稿記事を見る
094
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

GO BEYOND な

松下諒大(マツシタリョウタ)

プロサーファー

プロサーファーとして、
2020年東京オリンピックに出場するのが目標

自然豊かな神奈川県湯河原町で生まれ育ち、サーフィンをしていた父親の影響でサーフィンを始めました。4歳からサーフィンに親しみ、高校2年生の時にプロに転向。プロ生活と並行して高校に通い、2014年の高校3年生の時に湘南で行われた世界大会の湘南オープンで念願の初優勝を飾ることができました。

同年には、世界プロサーフィン連盟が発表している日本人年間ランキングの1位に選ばれ、2016年からは、サーフィン修行としてオーストラリアに1年間 滞在。語学をはじめ、新しいスキルやサーフィンに対する姿勢、生活の過ごし方など、プロサーファーに必要な技術や心構えを学び、今年・2017年に帰国。

今後は再び復帰し、国内外の試合に出場する予定です。2020年の東京オリンピックではサーフィンが正式種目になり、日本でもこのスポーツが徐々に認められてきています。でも、サーフィンの魅力はまだまだ浸透していないと感じているので、一般の方々やメディアに向けて、サーフィンの楽しさやすごさ、良さを伝えていきたいと感じています。

そして試合に積極的に出場することで、一つでも良い成績を残し、オリンピックへ出場することが目標です。

2012年
日本プロサーフィン連盟JPSA 公認プロ合格
2013年
日本サーフィン連盟NSAジュニアオープン 優勝
日本プロサーフィン連盟JPSA公認プロ合格(2度目)、プロへ転向
2014年
日本サーフィン連盟NSA ジュニアオープン優勝
世界選手権日本代表〜25位
世界プロサーフィン連盟WSL台湾オープン3位
世界プロサーフィン連盟WSLムラサキスポーツ湘南オープン優勝
Japan Regional Champion (年間ランキング1位)
2015年
稲村クラッシック招待選手
日本プロサーフィン連盟JPSA新島プロ3位
日本プロサーフィン連盟JPSA15位
2016年
稲村クラッシック招待選手
オーストラリアワーキングホリデー、サーフィン修行&ハワイノースショア修行
2017年
今年試合勝ちます!

海外で成績を残し、日本や日本人の良さを、
そして自然の美しさを伝えていきたい

海外へ遠征し、積極的に大会に参加して成績を残していくことが目下の目標です。

サーフィンの世界では世界プロサーフィン連盟(WSL)という団体があり、この団体に属するサーファーの中でも、トップ選手だけが出場できるワールドツアーがあります。このツアーに参加した日本国籍の日本人はまだいないので、その第一号になりたいです。そのためにはWQSというツアーで上位に入ることが条件。せっかく日本人として生まれたのだから、ツアーでの上位ランクインを目標にしつつ、日本・日本人ならではの良さを海外の選手に示していきたいと思っています。

サーフィンをしていて感じることは、世界各国の海や景色の美しさ。サーフィンで良い波に乗り、海外の海や景色を撮影・紹介しながら、サーフィンを通して自然の美しさや大切さを伝えていきたいです。もちろん、人の心に残るようなライディング写真も。

そして毎年冬のシーズンは、ハワイのノースショアでトレーニングをしています。ここの波は世界でもトップクラスのビッグウエーブが来る場所として、世界中のサーファーの憧れの場所でもあります。そんな特別な場所で、ビッグウエーブに乗り、本来のサーフィンの楽しさを肌で感じながら、今後もトレーニングとチャレンジを重ねていきたいと考えています。

自分を超えるために、日本を飛び出しオーストラリアへ

2016年から1年間オーストラリアに滞在したのは、今の自分変えたかったから。2014年に大きな大会で優勝して、年間ランキングも1位をとることができたのですが、翌年はぱっとしない成績でした。それで今の状態で日本にいても、今以上の力は出せないかもしれない。自分の全ての面で何かが足りていないし、周りからも遅れていると感じたので、環境を変えて一からやり直してみたいと思ったのがきっかけでした。

そんな自分の限界を超えるために、日本を飛び出し、ワーキングホリデーを利用してオーストラリアで暮らしました。英語もしゃべれないし読めないし、右も左もわからない自分が、なんとか海外で生活できたのは、就業先で出会った素晴らしいオーナーや、現地のサーフィン仲間のおかげです。日本にいては学べなかった多くのことを吸収できたので、今後は国内外の大会で良い成績を残せるように頑張りたいです。

GO-BEYONDER No.094

プロサーファー

松下諒大

1996年5月25日、神奈川県生まれ。父親がサーフィンをしていたことから幼いころからサーフィンに慣れ親しみ、4歳からサーフボードに乗る。6歳の誕生日にサーフボードをプレゼントで貰ってからは本格的にサーフィンを始め、2013年、17歳でプロに転向。2014年には湘南で開催された世界大会にてプロ転向後初の優勝を飾る。同年、WSL(世界サーフィン連盟)Japanの年間ランキングにも1位で選出される。2020年の東京オリンピックでの活躍も期待される1人。

Instagram:https://www.instagram.com/ryotamatsushita/

Facebook:https://goo.gl/31bVTm

Twitter:https://twitter.com/ryotamatsushita

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ページトップへ