014
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

GO BEYOND な

金正奎(キンショウケイ)

社会人ラグビー(トップリーガー)

2019年のワールドカップ出場を目指して
特訓中。

ラグビーの社会人リーグに所属しているトップリーガーです。2019年のラグビーワールドカップ出場を目標に、2015年3月からニュージーランドへ留学するなど、国内外で活動しています。シーズン中は毎週試合があるためタフさが求められますが、目標を実現するため、自分に負けないよう取り組んでいます。

2012年
20歳以下日本代表  タイ・スコットランド・ジョージア遠征
2013年
関東学生代表としてNZ学生代表との交流試合
2013〜2014年
大学ラグビー Man of the Year(最優秀選手賞)受賞
2014年
ラグビー全国大学選手権準優勝
2015年
ラグビー7人制日本代表 ワールドシリーズ・ラスベガス大会出場


スポーツに明け暮れた10代。

私は3歳から15歳まで水泳を続け、小学4年~6年の間はバスケットボールにも没頭していました。ラグビーは兄の影響で中学から始めました。中学時代は2年時に近畿大会で優勝、3年時では大阪府代表のキャプテンとして全国大会で優勝することができました。高校時代は2年時に全国優勝、入学した早稲田大学でもラグビーの全国大会で準優勝しました。現在でも大好きなラグビーを社会人リーグで続けています。

チャレンジする姿勢を貫くことが信頼関係を築くきっかけに。

留学先の海外で最も大切なことはコミュニケーションでした。3ヶ月間ホストハウスにお邪魔しましたが、最初は自分自身の気持ちをきちんと伝えることが難しく苦労しました。しかし苦手意識を持ちつつも、あえて積極的に自ら意志を伝えようとすることでホストにも理解してもらえ、信頼関係を築くことができるようになりました。 海外で私が最初に感じたことは「自分に嘘をつくことなく、自分に視点を向け続けること」が大切なんだということです。自ら掲げた目標に対してチャレンジすることで、言葉や文化は違っても相手に伝わるものがあるのだということを肌で感じることができました。その行動が、結果的に語学力のみならず、言語や文化の壁を「超えた」コミュニケーション力も成長させてくれたように思います。自信のない事柄から目をそむけることなくチャレンジし、苦手意識をなくすこと。それが得意な事柄に変われば自信に繋がりますし、さらなる挑戦に踏み出せると考えています。海外では一人でできることには限界があります。従って、相手に頼ると同時に頼られるような存在でいられるように、これからも常に努力していきたいと思います。

GO-BEYONDER No.014

社会人ラグビー(トップリーガー)

金正奎

1991年、大阪府枚方市出まれ。兄の影響でラグビーの名門、啓光学園中学校からラグビーに没頭。中学時代、高校時代、大学時代と全国大会で優勝、準優勝を経験し、現在はラグビーの社会人リーグで活躍中。

Facebook:https://www.facebook.com/kin.shokei

Twitter:https://twitter.com/shokei1003

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ページトップへ